Drupalをインストールしてみよう(インストール方法紹介)

このページではDrupal6系のインストールについて記載したいと思います。他のCMSに比べて、Drupalのインストールは細かい設定が多く複雑に感じますが、慣れればどうって事はありません。

Drupal推奨環境

・WEBサーバー
apache 1.3系・2系
・スクリプト言語
PHP5 or PHP4
・DBサーバー
Mysql4.1以上

Drupalインストール手順

インストールにあたって予めDrupalが利用するデータベースを用意する必要があります。尚、インストール時に必須となる入力情報は下記となります。こちらはデータベース作成時に控えておいてください。

・データベース名
・データベースユーザー名
・データベースユーザーのパスワード
・データベースホスト

1. Drupal最新版のダウンロード

Drupal(http://drupal.org)にアクセスし、Drupal6系の最新版コアパッケージをダウンロードしてください。ダウンロードファイルはtar.gz形式で圧縮されていますので、Lhazなどで解凍してください。

2.日本語キットのダウンロード

Drupal日本語キットのURL(http://drupal.org/project/ja)にアクセスし、日本語キットをダウンロードします。こちらもコアパッケージ同様tar.gz形式で圧縮されていますので、コアパッケージ同様Lhazなどで解凍してください。

3.日本語キットのコピー

日本語キットは、modules、profiles、themesフォルダに加え、LICENSE.ja.txt、STATUS.ja.txtで構成されています。
これらのファイルを先ほど解凍したDrupalコアパッケージのトップフォルダに上書きします。Drupalコアパッケージのトップフォルダにもmodules、profiles、themesフォルダがありますので、コピー時に上書きの確認があるかどうかでコピー先が正しいかの確認ができます。

4.settings.phpを作成する

Drupalコアパッケージの以下ファイルをリネームしてください。

sites/default/default.settings.php → sites/default/settings.php

5.Drupalのアップロード

手順4.までで用意したDrupalコアパッケージを、そのまま(階層構造など)ウェブサーバーにアップロードします。

6.パーミッションの設定

インストールウィザードで、ファイルへの書き込みが発生しますので、以下のファイルとディレクトリに書き込み権限を与えます。尚、書き込み権限はphpの機構(mod_phpかcgiか)でパーミッションが変わります。フォルダは777か755、ファイルは666か644です。

・sites/default(パーミッション777/755)
・sites/default/settings.php(パーミッション666/644)

7.インストールウィザードの開始

ブラウザにて、Drupalコアパッケージをアップロードしたディレクトリにアクセスします。私の場合トップディレクトリ以下にDrupalコアパッケージを設置しました。

・Choose language Japanese(日本語)を選択

8.データベースセットアップ

画面の指示に従ってデータベース設定の項目を埋めてください。予め控えた以下の項目の入力が必要となります。

・データベース名
・データベースのユーザー名
・データベースのパスワード

また、高度なオプションとして以下の設定が可能です。

・データベースサーバーのホスト名
・データベースサーバーのポート番号
・テーブルのプレフィックス

9.サイトインストール、及び翻訳のセットアップ

8.でデータベースのセットアップに成功すると、サイトのインストールと翻訳のセットアップが自動的に実施されます。

10.パーミッションの設定

ここまでで設定が無事完了すると、サイトの環境設定という画面が表示されます。 画面にセキュリティ上の危険を回避するためにファイル・ディレクトリの権限を適切に設定する旨のアラートが表示されます。このメッセージ通り、以下のファイルとディレクトリの書き込み権限を取り除きます。

・sites/default(パーミッションを555)
・sites/default/settings.php(パーミッションを444)

11.その他設定

ウィザードの指示に従って、次の設定を行います。

・サイト情報 サイト名や管理用メールアドレスの設定を行います。

・管理者アカウント 管理者アカウントのユーザー名、メールアドレス、パスワードを設定します。

・サーバーの設定 タイムゾーン、クリーンURL、アップデート通知の設定を行います。

12.確認画面

確認画面が表示されたら、インストール成功です。

PRサイト

ポイントサイト 稼ぐ
http://point.i2i.jp/
無料のサービスやネットショッピングなどでお得にお小遣い稼ぎが出来る!!
バイナリーオプション初心者
http://www.binary-cafe.com/
人気のバイナリーオプションを比較しよう
ダイビング ショップ
http://www.aqros.co.jp/
激安でダイビング器材を揃えるならこのショップが一番!
電力比較
http://enechoice.jp/
電力の自由化で選択の幅が広がる!失敗しない電力会社選びならエネチョイス。